交通事故で後遺障害がある場合の弁護士への依頼ポイント

交通事故で入院するような重傷を負った場合は、後遺障害が
残らないというのはまずありませんから、交通事故直後から
弁護士に相談することです。

軽傷であっても、長引きそうなけがであれば、後遺障害が
残る可能性は大いにあります。

運動中のけがと違い、まったく無防備な状態でいるときに
不意に強い衝撃を受けて負傷したわけなので、
治りにくい面があります。負担してくれる

けがの重傷度に関わらず、交通事故直後から弁護士に
相談するのが理想ではあります。

交通事故で後遺障害認定申請をする際は、書類審査と
なりますので、画像や書類をそろえる必要があります。

被害者を診ることは一切ありませんから、資料で
後遺症を証明しなければなりません。必要がある

資料で特に重視されるのが、事故直後や初期の頃の画像です。

それが必要であることは、被害者本人はもとより
医師もまったく知らないでいるわけですから、
必要な画像を撮らずじまいになることは多いです。

画像がないと、審査側は判断不可ということになり、
そのことによって、妥当な障害等級認定が
受けられないということもあります。

初期対応は非常に大事です。
それを被害者に助言できるのは、弁護士だけです。

事故直後に弁護士に依頼できなかった場合は、
障害等級認定を出す前には、依頼したいものです。

中には、障害等級認定申請を任意保険会社に
任せきりにするという被害者もいますが、こうしたことは、
弁護士に相談していれば、決してせずに済むことです。