慰謝料と弁護士基準について

交通事故の慰謝料には3つの異なる算出方法があります。
自賠責基準は限度額が120万円に設定され、1日あたり
4,200円として実際の治療日数を2倍した日数か
治療期間のどちらか短い方を採用することになります。害される

自賠責による慰謝料よりも高い慰謝料が
設定されているのが任意保険基準です。

加害者が加入している保険会社が交通事故後に
提示してくる慰謝料の金額で、算出方法は
保険会社独自のものとなります。

最も高い慰謝料額を算出できるのが弁護士基準です。
過去の裁判による賠償額を基に導き出します。

弁護士に依頼すればこの基準を基に
示談交渉を行ってくれます。天まで

自ら示談交渉を行うことも不可能では
ありませんが、保険会社は交通事故の
交渉のプロですので、こちらの思惑通り
スムーズに交渉を進めることは困難です。

ですが多くの場合において保険会社から
最初に提示してきた慰謝料は
増額出来る余地がありますので、
弁護士に依頼して保険会社と
示談交渉を行ってもらうだけの
価値はあります。