交通事故で弁護士に依頼した場合の報酬は?

交通事故の加害者または被害者になった場合、
弁護士に依頼するとなると報酬を支払う必要があります。

弁護に依頼する場合には、任意交渉の段階と
訴訟段階で報酬は異なります。保証はない

まず任意交渉を依頼する場合には着手金を
支払う必要があります。

着手金は法律事務所により異なりますが、
過去にあった報酬規程に従って
着手金額を定める事務所もあります。

任意交渉が成功しなかった場合には、訴訟段階に移行することになります。

この場合、着手金に加えて依頼者が勝訴した場合に
受け取る金銭の何%かを弁護士に支払う必要があります。

一般的には10%ほどが要求されることが多いといえます。
このように弁護士に依頼する場合には費用がかかりますが、
保険契約の際に弁護士費用特約を締結していた場合、一般的に
300万円までは保険会社が負担してくれます。個性

また、訴訟の際に弁護費用相当額を相手方に請求することもできます。

交通事故にあった場合に備えて、特約を締結することも
検討しておく必要があります。