交通事故の示談金の妥当性は弁護士に判断を

交通事故の被害者は、相手に対して被った損害分の
賠償請求を行うことができます。

加害者がいくら支払うかは、当事者同士の話し合いで
ある示談交渉で決定します。

交通事故の示談交渉は当事者間の話し合いですが、
実際には被害者と加害者の保険会社との交渉になります。

と言うのは、ほとんどの自動車保険には加害者に
なってしまった場合に備える示談代行サービスが
付いているためです。

思いもよらない事故

一方、自分の過失割合がゼロで、相手に対する
賠償責任のない100%の被害者の立場では自分の
保険の示談代行サービスは使えませんので自分で
保険会社と交渉することになります。

ここで、保険会社は交通事故や示談交渉のプロであり、
加害者から被害者への示談金を支払う立場です。

よって、示談金をなるべく安く見積もって
提示してくる可能性がありますから注意が必要です。

損害賠償請求で損をしないためには、相手の
保険会社から示された金額をしっかり見極めて
妥当な金額で交渉する必要があります。

示談金

しかし、保険会社から示される示談金の額を
見極めるにはいろいろな知識が必要です。

そこで、交通事故の被害者になってしまったら
示談交渉が得意な弁護士に相談してサポートを
受けたり交渉の代理人になってもらうのが
一番いい方法です。

被害者に弁護士が付いていれば相手の保険会社の
ペースで交渉が進められることがありませんし、
示された賠償金の額についても弁護士がチェック
して被害者に損のないように交渉してもらえます。

損害賠償の中でも、特に慰謝料は計算基準が
いくつかあり複雑です。

先方の保険会社が安い基準で慰謝料を計算してきても、
弁護士なら高額の基準で再計算し増額のために
尽力してくれるはずです。