自転車事故も賠償は発生します

最近、ニュースなどでも無謀な自転車の運転で賠償が課せられるといった内容を
耳にする機会も増えてきました。

社会の目も自転車も自動車同様に交通規則が重く見られるように変化してきています。

自転車の危険性

一方で、ルールに従って車道を走ることも多くなって、
自動車対自転車の事故も増えています。

どちらも保険を付けることがマナーになっていることでもわかるように、
交通事故として扱われて、刑事罰はもちろんですが、民事の面でも賠償は発生します。

自転車が絡む交通事故であっても、交通事故として処理されますので
弁護士を依頼しての、正しい過失割合や賠償金の交渉が重要になってきます。

交通事故では過失と賠償金が大きな意味を持っています。

しかし、素人では専門的な言葉だけでも分かりにくいですし、
交渉に慣れていないので何を指摘したり追求すればいいのか
わからないことばかりで相手の言いなりになりがちです。

そこで頼もしい法律のプロが活躍するのです。
行為や計算などが法律に見合っているのか判断できますし、
それを法律に沿って説明できます。

その判断は裁判でも通用する内容ですから根拠があります。
弁護士の言い分を覆すには、それを超える法律にそった内容の説明を
しなくてはならず、交通事故の交渉には欠かせない存在です。

まずは相談や示談金の見積もりからスタート

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼するのがおすすめですが、
誰でもいいというわけではありません。

法律問題も広い範囲ですから、全員が交通事故に精通していて、
コンスタントに扱っているということではありません。

ですから、実績が多い事や交通事故に特化している事務所を見つけることがポイントです。

常日頃から扱っていれば、交渉も慣れていますし最新の動向もしっかりと踏まえいます。

だんだんと交通事故にかかわる社会や裁判の目は厳しくなっていますから、
それを踏まえた判断ができるのもメリットです。

また、自動車対自転車のケースを扱ってくれるかは、事務所によって異なります。

ただ、どんどんと増えていて、扱ってくれることも多いので心配は不要です。

心配無用

まずはどんな状況で起きた事故なのかを説明や、
警察からの書類を持参するなどして相談から始めましょう。

自動車対自転車であっても、自転車が危険運転の場合もありますし、
車の不注意の場合もあります。

固定観念ではなく、ケースによって事故の内容は変わってきますので、
それを証明しながら正しい賠償の認定に力を貸してくれます。

人身事故だけと諦めてしまわないで、しっかりと相談して
納得のいく示談にまとめましょう。